防水工事

屋上やベランダの塗膜防水やゴムシート防水が膨らんでいたり、破れている等 早急に防水工事が必要な方。

防水工事

伸縮目地の切れ浮き上がりも危険サインです。

1ミリや2ミリの小さな穴が発生している状態も塗替えの危険サインです。 屋上やベランダ等からの漏水は、建物内部への水の浸入により、カビの発生・ボードの腐食・鉄部の錆等により家財への影響や日常生活への影響が考えられます。 さらに、建物の躯体そのものの劣化が進行し寿命が縮んで資産価値を大きく下げてしまいます。


アパート・ビル・マンション、戸建住宅

防水工事

●屋上 ●階段 ●通路 ●ベランダ ●バルコニー

診断お見積りは無料です。お気軽にご相談下さい。
ご連絡をいただければ直ちに現場調査に参ります。


■ウレタン防水(塗膜防水)

防水塗料を塗り重ねて防水の厚みをつけます。
様々な工法がありますが、一般的に補強シートなどを下地に使用し、その上からウレタン樹脂を塗布していく工法が主流です


■シート防水

合成高分子材などからできているシートを繋ぎ合わせていく工法。
シート単体として引っ張り強度や引き裂き強度はありますが、シートを繋ぎ合わせた箇所(様々な接着工法や機械固定工法などがあります)の強度は非常に弱く、年数経過とともに圧着した部分に剥がれや浮きなどが発生するデメリットも。
屋上などであり一匹位の穴があっても水漏れは発生します。


■FRP(Fiber Reinforced Plastics)防水

あまり聞かれない言葉かもしれませんがFRPとは、繊維で補強することによって強化されたプラスチックの事です。
私たちの身の回りにあるFRP成型を用いた製品は、自動車のエアロパーツや、金属と違って錆びないので小型~中型のボートや、マンションの屋上にある貯水タンクやヘルメットなど幅広く用いられています。
強度・柔軟性のバランスに優れたFRPは、屋上やベランダ等の防水に非常に優れ、初期性能を長期に維持します。
FRP防水工事のメリットはトータル的なコストダウンです。他の防水工法で8年や10年毎に防水工事を行わなくても、25年や30年で防水工事を2回も3回も施工するよりもFRP防水工事ならトップコートの塗り替えだけで済むのでコストダウンにつながります。
また工事中の臭いも少ないし、他の防水工法と比較しても工期が短く、補修が容易です。
マンションやビルなどの広面積の施工でも重量が軽く、紫外線や雨または雪などにも耐えることのできる優れた防水工法なのです。

未来建設に頼んでよかった! と、思って頂けるように日々努力しております。
どんな小さな工事でもお気軽にお問い合せ下さい。

漏水部止水工事

一貫した責任施工で行う漏水部止水工事

建物は見えない部分の思いがけない漏水によって劣化しています。建物の基盤となっている部分の劣化が進めば、建物全体の寿命もおのずと短くなってしまいます。
未来建設は水によって高圧がかかる防波堤、トンネル、地下街などの高度な止水技術ノウハウを応用し、普通の建物の漏水時の止水工事に適用しています。
水漏れを止める工事は、職人の経験・技量で止水の効果に大きな差がでます。高度な技術をもつ職人にこそ根本の原因を突き止めることができるのです。


■止水工事
工事内容1

天井より漏水しており、漏水痕が見受けられます。漏水周りにピンを打込みウレタンを注入します。この後、止水専用材を塗布して完了となります。



工事内容2

コンクリート打設壁切り付け部分より漏水が発生しており、この漏水周りにピンを打ち込みウレタンを注入します。この後、止水専用材を塗布して完了となります。



■未来建設の止水工事のながれ

▲ページトップヘ